ウォルト・ディズニーは本当に冷凍保存されているのか

都市伝説紀行

都市伝説紀行

世界の可笑しくも奇妙なニュースをお届けいたします。
ウォルト・ディズニーは本当に冷凍保存されているのか?
はじめに人体冷凍保存とは、現在の医療技術で治療が不可能な人体を、死後に冷凍保存することである。
そして医学が進歩した未来で解凍して、治療して死体を復活させるのである。
ウォルト・ディズニー、誰もが知る人物。
そして秘密が多い人物でもあった。
未だに語り継がれている噂こそが、ウォルトの死体の行方。
冷凍保存されて、埋められているという。
もしそうならば、その目的とは何なのか。
まずは冷凍保存の歴史を振り返ってみよう。
人体冷凍保存の歴史
ボブ・ネルソンクライオニクス団体は、1967年から1970年の間に9人の人間を冷凍保存している
人類で初めて冷凍保存された人物はジェームズ・ベッドフォードという男性。
1967年に実施された。
彼はカリフォルニア大学の心理学の教授で、肺にまで影響を及ぼし始めていた腎臓ガンを患っていた。
当時の医学では、彼の病を治療する方法さえなかった。
彼が亡くなってから数時間後に、Life Extension Society(延命団体)の医者は彼の遺体を凍らせた。
現在は、民間団体『アルコー延命財団』により彼の遺体は保管されている。
冷凍保存の仕組みなどはここでは省く。
噂は本当か?
ウォルトは未来に興味があり、潜在的に自分自身の死を心配していたらしい。
そんなウォルトは自分自身の目で未来を見たかった。
しかし彼が冷凍保存され埋められているという確実な証拠はない。

彼が埋められている最も有力とされている場所は、

カリフォルニア・ディズニーランド『カリブの海賊』の地下とされている。
なぜそこなのか。
それはカリブの海賊がウォルトの手掛けた最後のアトラクションであり、
彼の死後、約3か月後にオープンしたため、自身の冷凍保存施設も一緒に作っていたのではないかとされているからである。
死を悟った時期のウォルトならありえなくはない。
ウォルトの死
ウォルトは1966年12月15日に死去65歳。
死因は肺がんの手術による合併症。
1日に3箱吸うほどのヘビースモーカーだったそう。
葬式は翌日16日に身内のみで行われた。
火葬である。
彼は生前、知人の葬式に行くことを避けていたそう。

彼にとっての一番の恐怖は、死を視界にいれてしまうことだったのかもしれない。

こんな噂があるのにもかかわらず、ウォルトの墓はしっかりあるのだ。
場所はロサンゼルスの“Forest Lawn Memorial Park”という墓地。
ジョージ・ワシントンやベンジャミン・フランクリン、シェイクスピアなどが眠っている有名人墓地である。

ウォルトの遺灰はここでまかれている。

死亡証明書も存在する。
正規な手続きをすれば誰でも原本を見ることができるらしい。
これを偽造するのは違法だが、ディズニーに不可能はない。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました