【韓国・済州島】~自然の宝庫で原点回帰の旅~ 3日目Part3:韓国のモルディブ

韓国・済州島~自然の宝庫で原点回帰の旅~

2019年12月9日(月)

韓国済州島
~自然の宝庫で原点回帰の旅~
3日目Part3
韓国のモルディブ

出典:Google Map

「東洋のハワイ」と呼ばれる韓国最南端の島、済州島
面積は約1.848㎢、人口約55万人。
15世紀に朝鮮王朝に合併されるまで独立国であったため、
朝鮮半島とは異なる独自の文化をもつ島である。
2007年「済州火山島と溶岩洞窟」として世界自然遺産に登録されている、
自然の宝庫であるこの島での今回の旅のテーマは《原点回帰》
とにかく低予算に抑えることで、来たるべきインド1人旅に向けての練習も兼ねている。
そして文明社会と距離を置き、自然に身を任せることも目的の一つ。
滞在期間は3日間
そこで旅の10か条を制定した。
旅の10か条
①滞在中は自然食のみ。
(※自然食の定義は自己判断)
ただし肉は禁止。
初日にルール改正:そんなに気にしない事。
②“Best of The KIMUCHI”を見つけること。
③海、洞窟の5大自然を制覇すること。
洞窟失敗
⇒岩クリア
山クリア
失敗
④観光地以外にも行くこと。
⑤あまちゃんと一緒に写真撮影をすること。
クリア
⑥カジノで大きく負ける前に軽く勝て。
⑦飲み比べマッコリコリコリのコーナー。
お口に合わないため初日に打ち切り
⑧トルハルバンベスト11を指揮せよ。
試合中止
⑨スイス村で韓国とスイスの国境を探せ。
クリア
⑩滞在費は9,000円以内に抑えよ。
(※食費は1日1,000円以内)
1ウォン≒0.094円
かなりのモヤりを魅せたトルハルバン公園を後に、続いて韓国のモルディブと呼ばれる『ハムトク・ビーチ』に向かう。

来た道を長々と戻る。

現在お昼時、この旅最大に天気が良くなり、気温も上がり、ハッピーな気分に。

しかし上着がいらないくらいに暑くもある。

かなりゆっくりなスピードで走るこの車。

なんとこのすぐ後ろにはバスが1台走行中。

マッド・マックス・タイムが嘘のように、前のこの車に合わせてゆっくりと走るバス。

クラクションを鳴らすことなく温厚なバスに違和感を感じ怖くもある。

普段サバサバしている人が突然見せる優しさに似ている。

リゾート感が出てきた。

3/4見えてますけども!!

人見知りの子供みたい。

お馬さん発見。

ほのぼの牧場。

オシャレなキャンプ場?

わーーーーお。
綺麗すぎますよ。 冬なので人がいない。プライベートビーチ。

砂も綺麗。

いい景色。

まさに自然の宝庫

様々な顔が見られる美しい島。

来てよかった。

ピース。

ここが私のアナザースカイ。
入りたいよね~。

波の断面を眺めるのが好きなのよね~。

ゼリーみたいで美味しそう。

ずっといれる。

ギリギリまで水に近づく。右には岩々があり、済州島らしさを感じる。

砂の調査。 帰り道。

ずっと吠えてくるワンコ。

何だその顔は。

来た時のバス停に到着し、いつ来るか分からない201バスを待つ。

とりあえず飛行機の時間までまだ余裕があるので、済州都市部に向かう。

バスが来ないので、とれ高サイコロを振りましょう。

出た目は…

「映画モノマネでタイトルを当てろ。」

映画をそれほど詳しくない友人のために、有名どころをチョイスしてモノマネをする私。

出典:Polish culture

『ホーム・アローン』のシェイビングオイルを塗り、スースーする肌に驚くマコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンを演じ、見事正解。

出典:Diario El Mundo

『E.T.』の有名な自転車が空に浮かぶシーンを演じ、即正解。

友人は悩み続け一切してくれないので、1人でモノマネを続ける私であった。

12時38分

201バス乗車。

次回予告:間に合うのだろうか。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました