『わんぱくデニス』(1993)~キューピーちゃんじゃねえよ~

コメディ
出典:Screen Rant
映画を見れば誰かと共有して話したくなる。
しかし話す人がいない。
そんな映画愛好家は世界中に山ほどいることだろう。
私もその一人。
そこで私は独自の感想をネタバレ含んでただただ長々と述べる自己満駄話映画コーナーを創設した。
お役に立つ情報は一切なし!
しかし最後まで読めばきっとその映画を見たくなることでしょう。
さぁ集まれ映画好きよ!

今宵の映画は…
NJ
NJ

忘れてた記憶が蘇る

出典:IMDb

わんぱくデニス

原題
Dennis the Menace
公開
1993年
製作国
アメリカ合衆国
製作
ジョン・ヒューズ
リチャード・ベイン
原作
ハンク・ケッチャム
監督
ニック・キャッスル
脚本
ジョン・ヒューズ
『ブレックファスト・クラブ』(1985)-監督
『フェリスはある朝突然に』(1986)-監督
『ホーム・アローン』(1990)-脚本&製作
『ベートーベン』(1992)-脚本
出演
メイソン・ギャンブル
『ガタカ』(1997)
『天才マックスの世界』(1998)
ウォルター・マッソー
『突破口!』(1973)
『サブウェイ・パニック』(1974)
クリストファー・ロイド
『カッコーの巣の上で』(1975)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)
ジョーン・プロウライト
『ラスト・アクション・ヒーロー』(1993)
リー・トンプソン
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)
『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(1986)
編集
アラン・ハイム
『ネットワーク』(1976)
『アメリカン・ヒストリーX』(1998)
音楽
ジェリー・ゴールドスミス
『エイリアン』(1979)
撮影
トーマス・E・アッカーマン
『ビートルジュース』(1988)
Sponsored Links
>

一行粗筋

イタズラっ子な少年が近所で暴れ回る物語。

ほのぼの感想あるいは解説

出典:IMDb

本作は映画になる前に、もともとはテレビドラマとして1959年から1963年まで放送されていました。

その後、1981年に短編アニメ、1986年から1988年までアニメシリーズが放送され、1987年に長編映画、そして本作を挟み、1998年に続編も公開されるなど、キャストを変えて何度も映像化されている人気な題材です。

1993年に公開された本作は『ブレックファスト・クラブ』(1985)『フェリスはある朝、突然に』(1986)などの、アメリカ青春映画のテンプレートを築きあげたジョン・ヒューズ監督が脚本を務めています。

出典:アマゾン

彼が本作のように監督ではなく脚本を務めた作品だと『ホームアローン』(1990)が有名です。

まさに本作はあの映画と似たような展開で進んでいきます。

つまり、わんぱく小僧が大人と対峙して翻弄していく。

ザ・娯楽作。

出典:IMDb

本作の監督のニック・キャッスルは俳優としても活動しており、ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(1978)と正統続編『ハロウィン』(2018)マイケル・マイヤーズを演じていた人物。

また、同監督の『ニューヨーク1997』(1981)では共同脚本を務めています。

多才ですね。

本作のメインとなるデニスとウォルター・マッソー演じる偏屈な隣人のおじさんとの関係は、

出典:St. Vincent (2014)

近年ですと『ヴィンセントが教えてくれたこと』(2014)少年とビル・マーレイおじさんとの関係に受け継がれているのではないかと思います。

本作は終始キューピーちゃんのような見た目のデニスに癒され、やんちゃないたずらに笑わされる。

出典:Screen Rant

キューピーちゃんで思い出しましたが、小学生か中学生の頃に誰だったか女の子に、確か初対面でキューピーちゃんに似てるねって言われてめっちゃ嫌だったのを思い出しました。

自分がデニスを観てキューピーちゃんに似てるなって思っているのもなんだか気持ち悪くなってきたのですが、この映画を観るまで思い出すことのなかった、その記憶が眠っていた年月の長さにも驚いております。

たぶん同じクラスの女子だった気がするのですが、その後も、その子が僕が他の人達と話しているところに介入してきた時に、なんか言いたそうにしながら僕の顔を見ているわけです。

そして会話が終わった隙を見て、周りの子に「キューピーちゃんに似てるよね」って言うんです。

正直こっちは「この人絶対キューピーちゃんに似てること伝えに来ただけじゃん」ってうっすら予感はしているわけですが。

出典:AmoMama

どんだけキューピーちゃん推しなんだこの人って思って、確か会う度にそれを言っていじられてたから避けてた気がします。言われても苦笑いするしかないのだから。

あの子の名前も顔も思い出せない。この機会に記憶を探ってみて、たぶんあの人かなぁって気はしますが。

出典:アマゾン

日本では観光地のギフトショップにご当地キューピーちゃんが売られていますが、それも見るのを避けてました。

それくらいキューピーちゃんを敵対視していましたが、本作の鑑賞を機に旧友くらいのほどに身近には感じられるようになりました。

そんなキューピーちゃんのようなデニス役には2000人以上の子供たちがオーディションを受け、そこから10人に絞られてから隣人のおじさん役のウォルター・マッソーとともに演じる最終審査を受けました。

同役を射止めたメイソン・ギャンブルはオーディションの際に、ポケットから生きているミミズを取り出して見せてきたことが決定打となり、キャスティングディレクターによって抜擢されたといいいます。

出典:Albany Daily News

ちなみにメイソン・ギャンブルは現在35歳。

出典:Reddit

本作は他のキャストも魅力的で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)でお馴染みのドク役クリストファー・ロイドが悪役で出演しているほか、

出典:Pinterest

同作で主人公マーティーの母親ロレイン役を務めたリー・トンプソンが本作でもデニスの母親役を務めています。

以上!

一言教訓

嫌な記憶も気付けば良き思い出

明日自慢できるトリビア

デニス役のメイソン・ギャンブルは第15回ゴールデンラズベリー最低新人賞にノミネートされてしまったが、同年のヤング・アーティスト賞は受賞している。

参照サイト: IMDb 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました