【マカオ】~世界遺産30ヵ所を1日徒歩で完全制覇の旅~ Part3:目を疑う巨大カジノ

マカオ~世界遺産30ヵ所を1日徒歩で完全制覇の旅~

2018年12月12日(水)

マカオ
~世界遺産30ヵ所を1日徒歩で完全制覇の旅~
Part3
目を疑う巨大カジノ
旅の概要
マカオは現在30ヵ所の世界遺産が存在する。
小さな面積のため、1日で全てを周ることができるらしい。
そこで、移動は徒歩のみで全制覇しようではないかというのが今回の旅の目的だ。
【世界遺産30ヵ所】
ギア要塞クリア
カモンエス広場
カーサ庭園
プロテスタント墓地
聖アントニオ教会
聖ポール天主堂跡
ナーチャ廟
旧城壁
モンテの砦
イエズス会記念広場
盧家屋敷
カテドラル
カテドラル(大堂)広場
聖ドミニコ教会
聖ドミニコ広場
仁慈堂
三街會館(關帝廟)
セナド広場
バラ広場
媽閣廟
港務局
鄭家屋敷
リラウ広場
聖ローレンス教会
聖ヨセフ修道院及び聖堂
ドン・ペドロ5世劇場
聖オーガスティン教会
聖オーガスティン広場
ロバート・ホー・トン図書館
市政署
美味しそうな金ピカなのが見えてきた。
近くに来て唖然。
でかすぎる。
なんぞこりゃあ。
これは今まで見た建造物の中で最も衝撃を受けたものNo.1になりましたね。
この世のものとは思えない。
『グランド・リスボア』
52階建て、高さ258m、全430部屋の高級ホテル兼カジノ。
カジノは2007年2月11日に開業、ホテルは2008年12月に開業。
マカオで最も高い建造物。
蓮の形をイメージしている。
蓮の外側には6万ものLEDがつけられており、夜になると光る。
(参照:Wikipedia)
わたくし夜はタイパ島とコロアネ島方面に移動していたため見ておりませんが、夜はこのようになるそうです。

出典:Macau

この周辺は人だかりが絶えない人気観光地になっている。
それにしてもド派手なものを作りましたね。
スケールが違う。
巨大カジノに圧倒された後、次に目指すのは世界遺産『カモンエス広場』
Google マップをみながら移動する。
クリスマスシーズンっていいよね〜。
そしてここからめちゃくちゃ歩くのであった。
少し離れても圧倒的存在感を発揮する『グランド・リスボア』
あの中にいる人って何者なんだろうか。
さらに(かなり)歩くと、
廃墟ビルが…。
ここは夜に来たらダメだ。
凄い形だ。
でました、香港的風景
先ほどまでのリッチなマカオとは打って変わってレトロな古き良きマカオに。
圧迫感がたまらない。
密度。
いやぁいいね〜。
日本じゃ味わえない。
何人の人が住んでるのだろうか。
レトロだなぁと思ったら、こんな色彩のが現れるんだから困っちゃう。
ヨーロピアンなポルトガルな感じ。
色んな街並みがあって楽しいなぁ。
そしてさらに歩きまくって到着〜!
『カモンエス広場』
途中は省略じゃあ!
だってSDカードの容量が少ないんだもーん!
写真撮ってないもーん。
トトロいるも-ん。
もう知りませーん。
結局着いたのが、13時30分
約2時間かかりました…。
何故私はこんなに歩くのか。
次回予告:世界遺産、優雅なカモンエス広場。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました