『ブルータル・ジャスティス』(2018)~悪趣味監督によるブレイキング・バッド~

アクション
出典:IMDb
映画を見れば誰かと共有して話したくなる。
しかし話す人がいない。
そんな映画愛好家は世界中に山ほどいることだろう。
私もその一人。
そこで私は独自の感想をネタバレ含んでただただ長々と述べる自己満駄話映画コーナーを創設した。
お役に立つ情報は一切なし!
しかし最後まで読めばきっとその映画を見たくなることでしょう。
さぁ集まれ映画好きよ!

今宵の映画は…
NJ
NJ

そんなことしなくても…

出典:IMDb

ブルータル・ジャスティス

原題
Dragged Across Concrete
公開
2018年
製作国
アメリカ合衆国
カナダ
製作
キース・キャルバル
ダラス・ソニアー
ジャック・ヘラー
タイラー・ジャクソン
セフトン・フィンカム
監督
S・クレイグ・ザラー
『トマホーク ガンマンvs食人族』(2015)
脚本
S・クレイグ・ザラー
出演
メル・ギブソン
『パパVS新しいパパ2』(2017)
ヴィンス・ヴォーン
『アダルト♂スクール』(2002)
トリー・キトルズ
編集
グレッグ・ダウリア
『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)
音楽
ジェフ・ヘリオット
『トマホーク ガンマンvs食人族』(2015)
S・クレイグ・ザラー
撮影
ベンジ・バクシ
『トマホーク ガンマンvs食人族』(2015)
Sponsored Links
>

一言粗筋

免停中の警察がマフィアが狙う金塊を強奪しようと試みる物語

ほのぼの感想あるいは解説

出典:IMDb

『トマホーク ガンマンvs食人族』(2015)S・クレイグ・ザラー監督の作品が日本で初上映ということで観てきました。

今時こういった作品を見かける機会が少ないのでニンマリ。

前半はタランティーノを彷彿とさせるとにかく無駄話の連続。

出典:IMDb

そして『パルプ・フィクション』サミュエル・L・ジャクソンを思い起こさせるヴィンス・ヴォーン演じる相棒の警察官。(“マザーファッカー”は言いません、その代わりといっては何ですが、“アンチョビ”といいます)

この人、食事が大好きなんですね。

決定的なのが張り込みの間の車中での食事シーン。

チキンクリスプみたいなのを彼が頬張る。

パリパリという音が映画館に響き渡る。

隣に座るメルギブによると98分だかかけて食べていたそう。

なんなんだこの緊張感のないやりとり。

メルギブは食通な相棒の姿を呆れるくらい見慣れているんですね。

出典:IMDb

食事の終盤には塩をかけて味を変えるところも笑ってしまった。

パルプでサミュエルがハンバーガーについて熱く語るシーンを思い出してしまった。

出典:IMDb

ヴィンス・ヴォーンが張り込み中にタバコを吸う人を見かけて「映画みたいだなぁ」と言った直後に、メルギブがそれに合わせてタバコを吸うシーンもニヤッとしてしまった。

でもザラー監督はそういった緩めのシーンに急な暴力を加えてくるので心から笑えず常々気を引き締めて鑑賞している自分がいる。

メルギブがハマリ役で、色々トラブルを起こしてきた彼の私生活に合わせて脚本を書いたのかと思うくらい普段の彼のようであった。

出典:IMDb

IMDbによると、メル・ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』(2016)ヴィンス・ヴォーンが出演した際に、彼がギブソンに本作の脚本を見せ、ザラー監督のヴィジョンを話したそう。

すると好意的な反応を示し、すぐに主演を務めることに決まった経緯がある。

でかしたぞ、ヴォンス・ヴォーン。

出典:IMDb

ザラー監督は『トマホーク ガンマンvs食人族』カート・ラッセルのように往年のスターの使い方がうまい。

彼らが面白格好よく輝く見せ場も用意している。

出典:IMDb

病気の妻と治安の悪いところで暮らして迷惑をかけてしまっている娘のためにお金を稼ぎたいのに、問題ありな仕事っぷりのため60歳になっても昇進も昇級もできずに、さらなる問題を起こして免停という処分をくらい、お金に困る主人公が家族のためについに犯罪に手を染めてしまう…

出典:IMDb

この展開『ブレイキング・バッド』ウォルター・ホワイトではないか。

出典:IMDb

それぞれの妻役の女優も顔がどことなく似ている。

ただし本作のメルギブの場合、最初から悪人ではある。

出典:IMDb

劇中の淡々と進むフィルムノワールな雰囲気は、『ブレイキング・バッド』の映画版『エル・カミーノ』を思い起こさせる。渋い。

しかし突然のゴア描写は凄まじく体の芯を熱くさせる。

この構造は『トマホーク ガンマンvs食人族』と同じですね。

出典:IMDb

なんでその人の背景を見せておいて嫌な殺し方をするの。

全く見せる必要のない登場人物じゃん。

他の映画ならゴア描写を見せたいがための犠牲者として出てくる人も、彼の映画では観ている側に憤りと苦しみを増すかのような演出で殺される。

出典:IMDb

食人族の時は人間離れした完全なる化け物なのでそういうことしても仕方ないとも思ってしまうが、

出典:IMDb

本作では殺す側は人間なのにマスクをしているため表情が見えない。

殺される側の「やめて~」という表情がアップになる。

なんの拷問!

出典:IMDb

それにしても映画館で聞く重みのある銃声音がたまらなく心地よい。

出典:IMDb

『ヒート』のようなあの音ですね。やっぱり映画館っていいなぁ。

出典:IMDb

狭い空間で数人が闘う西部劇風な演出もたまらない。

出典:IMDb

「警察の横でごめんな、後ほど改めて埋葬してあげる」と親友に言ってあげる優しき心を持つヘンリー。

出典:IMDb

どうでもいいこと挟みますが、昔Twitterやってた時に、親友を演じたマイケル・ジェイ・ホワイト(写真右)に突然前触れもなくフォローされたことがありまして、私もフォローしました。

本作の(いい意味でアホくさい)エンドロールで彼だと判り何だか嬉しくなりました。

「マイケル・ジェイ・ホワイト…4年くらい前にフォローしてきた人だ!」っていうフォローされた人が映画に出ているという映画観てて初めての体験ですね。

アカウント残していたら、DMで「今日『ブルータル・ジャスティス』観て来たよ。カギをうまく飲み込めなかったのは残念だったね。吐いたシーンは劇中で一番笑いました。腸を裂かれてましたが無事でしょうか?とにかくお疲れ様でした。またね。」って送ってただろうなぁ。

出典:IMDb

ヘンリーが最後にあからさまに金を使っていることがわかり、警察にバレないか心配になりましたよ。

まぁメルギブも認めた言葉遣いの割に賢い男だから大丈夫かな。

エンドロールのノリノリな曲も監督が作曲したんですね。

自分好みな映画が作れる環境が今の時代もあることは、映画ファンにとっても新しいものが観れる機会が増えるということなので喜ばしいことである。

現代の悪趣味映画監督として独自の道で“救う気のない暴力”をこれからも描いて欲しい。

一言教訓

やると決めたことは最後までやり抜く

明日自慢できるトリビア

配給のライオンズゲートが159分は長すぎるとみなし、観客を取り入れるためせめて130分程度に短くするよう依頼したが、ザラー監督が断ったためにアメリカでは限られた映画館での公開と同時に配信されてしまった。

第40回ゴールデンラズベリー賞で「人命と公共財を軽視する無謀さに対する最低賞」にノミネートされているが、受賞したのはもちろん『ランボー/ラスト・ブラッド』である。

参照サイト: IMDb 

NJ映画日記Vol.23

ここでは最近見た私にとって良くも悪くもそんなに書くほどでもない映画を1つご紹介したりしなかったり。

この記事のタイトル映画とは一切関係性はございませんので悪しからず。

ジャンルくらいは合わせようかと思っています。

ただの筆者の日記です。

さらりと流す程度にご覧いただければ幸いです。


なんとか滑り込みで最終日に本作を観ることができて、安心。と思ったら人気なのか1週間延期されていた。

U-NEXTのポイント利用で初めて鑑賞しまして、お得。

いつまで映画を観続ける人生なのだろうか。

今年累計3,000本に到達したところなので、とりあえず次は5,000本を目標として、達成したら今後の映画との向き合い方について考えよう。

といってもいつまで年に300本以上観られるかわからないし、6年以上は最低でもかかるのね。

ちなみに人生の最終映画鑑賞本数目標は1万と定めております。


出典:IMDb

ザ・クレイジーズ(1973)

“ゾンビの父”ことジョージ・A・ロメロ監督の初期作です。

といってもゾンビは登場しません。

感染しても人間のままで、狂うか死ぬかしか選択はないそうです。

狂って生きる方が楽しそうなのですが、ダメなんでしょうか。

本作よりも断然『ブルータル・ジャスティス』の1発の方がエグいのでお口直しにいかがでしょうか。

黒のマスク白の防護服で対抗してみました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました