『SWエピソード9予想』~1st予告からの推測~

特集!映画紀行
出典:Business Times

特集!

先日ついに公開された
『スターウォーズ/エピソード9:ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』の予告。
わたくし大興奮でその日に10回は見てしまいました。
ここでは12月公開までの間、
ただのファンによる予想をしていきたいと思います。
予想しているうちが一番楽しいよね。
『最後のジェダイ』で傷ついた心を癒してくれる作品になることを願っております。
第一回は予告をもとに推測してまいります。
なお映画友達であり私のマスターでもある方の意見も交えながら書いていきます。
それでは…
フォースと共にあらんことを。

出典:Tech Advisor

Sponsored Links
>

冒頭のレイは幻影?

出典:One Angry Gamer

冒頭のシーン。

『フォースの覚醒』の最初に公開された予告のフィンのように息を切らしている。

しかし彼のようにつゆだくではない。

出典:thesource.com

そしてフィンのシーンは現実だった。

しかし今回のレイのシーンは幻想ではなかろうか。

おそらくここはフィンの時と同様に彼女の故郷のジャクーと思われる。

出典:Forbes

出典:USA Today

一人ぼっちで立つレイのもとに向かってくるのはタイ・サイレンサー

『最後のジェダイ』カイロ・レンが乗っていたシップ。

出典:Entertainment Weekly

砂漠でレイが一人。

そこにタイ・サイレンサーがやってくる。

あまりに他から孤立した状況。

これは『最後のジェダイ』レイカイロレンがフォースを使って意思疎通していたのをふまえると、今回のこのシーンも同じようなことをしているのだろう。

しかし前作ではお互い違う場所にいてのただのテレパシーだったが、

今回は同じ場所にいて、どうやら物理的攻撃も加えれそうな状況。

前作から1年後の設定ではないかと言われている本作。

違う場所で瞑想しながらフォースを用いて自分の幻影を飛ばす術でも学んだのだろう。

それはおそらくレイだけだろう。

『最後のジェダイ』ルークが終盤にカイロレンに対して行っていたあの技だ。

カイロレンにライトセイバーを刺されても全く効果はなかった。

しかしその前にレイアと対面した時には、顔を触り頬にキスをしていた。

この違いは何なのか。

フォースで心が繋がっているもの同士は物理的に触れることができるのだろうか。

血筋が繋がっているだけでいいのなら、カイロレンルークと繋がっているので筋妻が合わない。

予告の話に戻すと、カイロレンの方はその術を知らないため実像だ。

しかしルークはそもそもなぜ死んだのか。

あの術が命を捧げた最終奥義ならば、レイはなぜ平気なのか。

いろいろ疑問点が残るが、あくまでそうだとしたらの予想である。

つまり、冒頭のシーンはレイは幻影、一方のカイロレンは実際にジャクーに来て幻影のレイを殺そうとしている状況。

それなら、あのシーンはレイの罠か?

おびき寄せて何かをしようとしていたのか。

ルークのライトセイバーは結局どこで拾った?

出典:GameSpot

ハンソロのブラスターとルークのライトセイバーの2つの組み合わせ。

亡き二人の思いを受け継ぐレイ

泣ける。

『フォースの覚醒』マズカナタが教えてくれなかったルークのライトセイバーの収拾ルート。

『最後のジェダイ』でも結局明かされず。

なので、この伏線は今回必ず回収されるわけです。

ここでキーとなるのがランド・カルリジアンの存在。

出典:YouTube

『帝国の逆襲』で、ルーク惑星べスピンベイダーに右腕を切り落とされて、

ライトセイバーも一緒に落っこちちゃうわけですけども、

ここであのライトセイバーとルークの右手はどこまで落ちて行った問題が浮上。

出典:StarWars.com

右手は紛失したとしても、ライトセイバーはどっかしら地面に着地しただろう。

その着地先でランドの部下が拾って、彼に渡したわけですよ。

ではなぜそれをランドルークに渡さずにずっと保管していたのか。

出典:映画、海外ドラマ

実は渡していたのです。

『帝国の逆襲』と『ジェダイの帰還』の間に

しかしその頃にはすでにルークは修行の一環で自分のライトセイバーを作っていた。

父から受け継いだ青いライトセイバーで、

父と最終決戦をすることは気持ち的にできないと感じたルークは自分で作った緑を選ぶ。

そしてランドにそのまま保管してもらい、ランドからハンソロへ渡すんですよ!

出典:theGrio

ちなみにこの予告での服装。

スピンオフの『ハン・ソロ』でのランドの服装と似ているけれど少し違う??

ただ黄色が好きなのか?

あっそもそもなぜランドがチューイとファルコン号に乗っているのかはわからない。

出典:T13

つまり『ライズ・オブ・スカイウォーカー』ではハンソロランドのそのシーンが描かれる!

ハリソン・フォードが黒染めして過去のシーンを演じるんです。

息子のベン・ソロの誕生日にそのライトセイバーをプレゼントするんです。

もしかすると、ランドが直接ベンにあげた可能性もある。

どっちにしろ、それを見ていたレイアが反対するんですよ。

ハンランドベンをジェダイにする気はありません!そんなものあげないで!」

と怒鳴ると、隅っこからルークが出てくるんですよ。

この段階ではまだみんな仲良く近くで一緒に暮らしていた。

「レイア…僕がベンの面倒を見るから任せておくれ。そして彼は偉大なベン・ケノービの名を継いでいるからね。僕は彼のゴッドファーザーだ。責任をもって彼を修業する。」

そしてルークがそう言うと、チューイレイアの肩に手を置いて

「ウォォォォォォ~~~。」

安心して大丈夫だよって雄たけびをあげるんですよ。

チューイソロが忙しい間に、ベンの子守りをしていたんですよきっと。

だから、ベンの優しき心を理解している。

『フォースの覚醒』の父親殺しは相当な複雑な思いだっただろうに。

考えるだけでチューイが可哀想だ。

ここでようやく『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』での最大のモヤモヤが解消される。

つまりオリジナル3部作のキャラがどんどん出てくるのに、

全員が一同に集結するシーンがないことだ。

もちろん、その過去のシーンにはチューバッカR2C3POもいる。

あの懐かしい空間が蘇るのだ。

出典:StarWars.com

全人類のスターウォーズファンが号泣。

『アベンジャーズ:エンドゲーム』と同じように。

しかし結局、ベンがダークサイドに堕ちてしまい、青いライトセイバーはマズカナタのもとで保管されることに。

なぜマズカナタに渡ったかは、ハンソロと顔見知りだったことが『フォースの覚醒』でわかっているので、ソロが彼女に渡したのであろう。

マズカナタが具体的にどういう人物なのかもまだよくわかってはいないけれども。

ルークはきっとあのライトセイバーを自分で持つことを拒否したのだろう。

ここでまた一つ疑問が。

予告の冒頭のシーンに戻るが、あの青いライトセイバーは前作で真っ二つになってしまった。

しかし最後に、レイが持っているパッカリ割れたライトセイバーにカメラが寄り、

中にある青いカイバークリスタルが垣間見れた。

出典:Disney

ジェダイは自分でライトセイバーを作るのも修行の一環だ。

『ジェダイの帰還』の未公開映像ではルークが緑のライトセイバーを作っている映像が見れる。

出典:comicvine.gamespot.com

出典:Fanpop

そうなると、冒頭のシーンのレイが幻影ならば、

あれはいつものスカイウォーカー家のライトセイバーだ。

なぜなら『最後のジェダイ』で幻影のルークも、

かつての自分の青いライトセイバーを持っていたからである。

レイは残った部品と自分で集めた部品を合わせて新しいライトセイバーを作る。

ジャクーに住んでいたころから廃品を集めて売っていたことや、

自分でスピーダーの修理や改造をしていただろうから、

メカには強いはずだ。

ライトセイバーくらい作れるだろう。

青いカイバークリスタルが残っていたことから、

新しいライトセイバーの色も青色だろう。

新しい色は期待できない。

しかしライトセイバーのタイプは違う。

レイといえばもともと長い棒を振り回していた。

今回、フィンにそれを譲ったようだ。

出典:Collider

だから長い方が使いやすい。

といえばダース・モールのあのライトセイバーだ。

つまりレイもあのタイプを作ったのだ。

しかし片方から出るライトセイバーの色は緑色。

それはなぜか。

ルークのライトセイバーを授かったのだ。

そして青と緑の2つのカイバークリスタルを合わせたライトセイバーをつくる。

イメージ画像がこちらだ。

予告で見せてほしくないので、第2弾の予告では出してほしくない。

本編を見て驚きたい。

出典:YouTube

レイの父親は結局誰?

『最後のジェダイ』ライアン・ジョンソンによって、
父親は誰でもないと適当な扱いを受けたレイさん。
やはりそれは納得がいかない。
みんな彼女の父親がルークなことを期待しているはずだ。
しかし『最後のジェダイ』ルークの口からそれが語られるタイミングはいくつもあったはずだ。
今更ルークが父親ではなんだかタイミングが悪い。
それなら誰か。
私は2パターン考えた。
父親ではなく祖父を。
オビ=ワン・ケノービパルパティーンだ。
このどちらかだとするとおもしろいだろう。
特に根拠づける理由はない!
知らん!
おそらく父親はただのちゃらんぽらんだ!
あっ、まさかハンソロか???
ハンソロならジャクーで女を作って浮気して子供ができた可能性もある。
いや、それは倫理的、いやディズニー的に許されない。
しかしファルコン号がジャクーにあった理由もまだわかっていない。
ハンソロがジャクーで何かをしていたことは間違いない。
エピソード9は今までの伏線の答え合わせ。
さぁJJよ、どうしてくれる!

スノークはパルパティーンが創りあげたクローン?

出典:StarWars.com

『最後のジェダイ』でかつてのダース・モールのように真っ二つにされたスノーク
あいつは一体何だったのか。
「わしがお前ら(レイカイロレン)を繋ぎ合わせたのさ」
とか言っていたが、遠くのもの(レイカイロレン)は見えておいて、
自分の側にある無防備な(レイの)ライトセイバーの危険性は全く目に入ってなくてあっけなく殺されてしまった。

出典:YouTube

近くのものは見えないとんだ老眼野郎だ。
やはり、あまりにあっけなさすぎる。
彼の存在に意味がないはずがない。
まぁライアン・ジョンソンJJ任せなわけですが。
予告の最後で不気味な高笑いをあげている皇帝パルパティーン

出典:Den of Geek

なぜ彼が生きている?
『ジェダイの帰還』ベイダーに突き落とされて生きているだと?
確かに死体は見てないし、かなりの高さから落とされているので滞空時間も長いだろう。
ガンダルフも生きていたわけだ。
高いところから落ちた老人はパワーアップして生きていることが多い。
いや、多いと言ったが…ガンダルフしか思いつかない。
「ゆけ…馬鹿者!」
「ガンダルフーーーーーーーーーーーーーー!」

出典:アマゾン

ガンダルフが生きているのだからパルパティーンが死ぬわけがない。
きっと隠居先で自分のクローンを作ったのであろう。
なぜクローンをつくるのか。
それはガンダルフと違い重症を負ったのだろう。
可哀想に。
だから自分は隠れて、クローンの力を借りて銀河を支配させようとしていたのだ。
クローンに必要なのは遺伝子。
パルパテイーンの遺伝子…。
どっかの毛を抜いたのでしょう。
「イーヒッヒッヒ」
って高笑いしながら、ブチッとちぎる。
しかしスノークとパルパティーンの容姿は全く似ていない。
そう、彼は自分の遺伝子ではなく別の者のを使用したのだ。
ここに仕掛けがある。
これは『フォースの覚醒』を見てからずっと思っているのだが、
スノークの容姿が、パルパティーンのかつての師匠ダース・プレイガスに似ているのだ。
といっても彼は映画で一度も姿を見せてはいない。
パルパティーン『シスの復讐』で自分が師匠のプレイガスを暗殺したことを言及しているのみだ。
ではなぜ彼の容姿を知っているかって?
スターウォーズといえば小説も多く存在する。
それらは映画とは別で正史とはされておらず、あくまで番外編。
その中にある小説ダース・プレイガスではパルパティーンプレイガスとの出会いが描かれている。

出典:chapters.indigo.ca

あらすじがこちらだ。

皇帝パルパティーン、またの名をダース・シディアスによる支配が始まる47標準年まえ。シス卿ダース・プレイガスは不死を可能とする方法の研究に取り憑かれていた。師を殺したあと、弟子を探し求めていたプレイガスは、惑星ナブーで17歳の学生パルパティーンと出会う。邪悪なパルパティーンに魅了されたプレイガスは、言葉巧みに彼を誘導し、弟子にとる。彼らは共和国を倒し、ジェダイを滅ぼす計画を進めていく。
(引用:Amazon.com)

こちらがダース・プレイガスの姿。

老けさせたらスノークっぽいだろう。

ムウンと呼ばれるエイリアンの種族らしい。

出典:Overmental

スノークと弟子ダース・シディアス(パルパティーン)。

出典:ReelRundown

つまり、パルパティーンは1,000年以上もの間、師匠のどこかしらの毛を抜き取って大事に保管していたのだろう。

下の毛でないことを願うばかりだ。

下の毛の時点でR指定

この時からクローン製造に関心があったのだろう。

パルパティーン自身はプレイガスの実力を認めており、“賢人”として尊敬していた。

だからこそ、自分でさえも敗北してしまい自信を無くしている今、

いよいよプレイガスの大事な毛を使う時が来たのだ。

しかし送り込んだクローンのスノークは簡単に真っ二つ。

安心せよ。

きっと何人ものクローン軍隊が控えているに違いない。

スノークが1,000人くらい。

お買い得。

最終決戦できっと彼らがお出迎えだ。

クローンの創り方をなぜパルパティーンが知っているかは、
『クローンの攻撃』の時に学んでいるはずだ。
クワイ=ガン・ジンとそれについて色々と話していたに違いない。
96時間たっぷりと。

出典:Metro

メイス・ウィンドゥのサプライズ登場

出典:Inverse

この方を覚えているだろうか。

すまない、こっちではない。

出典:cinemania.es

こちらか…いや、すまない、こっちはチーズバーガーだ。

出典:ifc.com

これはただのマザーファッカーだ。

出典:shaic.com

これもただのマザコンヒーローマニアか。

出典:Comic Book

この方ですね。

失礼しました。

メイス・ウィンドゥ

ヨーダと並び最強のジェダイの一人。

シスの復讐』で残念ながら、アナキン坊やに邪魔をされ、パルパティーンによってビルから突き落とされて死亡したとみられる。

しかし死体はないし、右手を切られただけだ。

そう、右手なのだ。

スターウォーズで右手を切られた人物は、その時点ではみんな死にはしない。

アナキンルーク

スカイウォーカーの血を継ぐ者。

出典:StarWars.com

 

さすがにメイススカイウォーカーだというのは冗談が過ぎるが、

彼は生きている。

だってパルパティーンが生きていたのだから!

超老人が高いところから落とされて生きているのに、

マザーファッカー職人が死んでいるわけがない!

そう、エピソード9の最終決戦。

パルパティーン&カイロレンvsレイ

右手をカイロレンに切られるレイ

このままでは銀河が再び皇帝陛下のもとにカムバック。

第2デス・スターの陰から紫色の閃光が!

「最高議長さんよ。銀河に平和と秩序をもたらすべく、お前を抹殺する。」

左手のみのメイス

「これはこれは、かつての紫のお偉いさんよ。」

お得意の高笑いをするパルパティーン

共に左手のみのレイメイスがタッグを組む。

こんな胸熱な展開はないが…

レイカイロレンにとったら…俺らの見せ場なのにとショボーン。

“ていうかこの紫のおじさん誰?(笑)”

二人とも目を合わせて意気投合。

銀河に平和が訪れた瞬間であった。

パルパティーンの隠居生活

出典:The Wrap

次にパルパティーンの隠居先について。

ここしかない。

第2デス・スター

愛すべき彼の宇宙衛星。

反乱軍に撃墜され墜落。

残骸の一部とともにあらんことを精神で皇帝はしがみついて、凄まじいGを感じながら謎の惑星に着いたのだ。

『シスの復讐』で、

皇帝メイス・ウィンドゥにやられて第1老化を味わうわけだ。

出典:Science Fiction & Fantasy Stack Exchange

第2老化後の姿が『帝国の逆襲』

出典:」Overmental

だとすると、今回のエピソード9では先程言及したGにより相当な老け込みが期待される。

第3老化の姿が楽しみだ。

そして隠居先ではクローン軍と共に第3デス・スターをつくっているかもしれない。

今度は入念に設計&現場担当にも携わっているはずだ。

積極的に現場に出向いてスノーク達に差し入れでハッピーターンを渡しているはずだ。

陰でケチな皇帝と言われ不満が溜まるスノーク達

スノーク軍の幹部スノークが月末報告で、

「皇帝陛下、大変申し上げにくいのですが…陛下の差し入れに対して部下たちが不満を漏らしております。過酷な労働を強いられている部下たちに、250円ほどで購入できるハッピーターンだけだと少々割が合わないと…。」

泣きそうな表情のパルパティーン皇帝

「イーヒッヒッヒ。わしも年金生活の身なもんでな。ハッピーターンでそなた達にハッピーになってほしくてな。あぁ。わしはどうすれば。今度からブルボンのお菓子に変えようか。」

必死に励ます幹部。

「あっさようでございましたか。しかしながら、部下の中には袋に付着した粉まで舐めまわす者までいまして。お気に召しています。私もハッピーターンが大好きでして。あの粉の成分は何なんでしょうね。ただ、やはりアンハッピーな部下もたくさんいまして、このままでは第3デス・スターも欠陥商品に。」

考えるだけで萌えてくる。

R2といい勝負の萌えキャラだ。

茶番はここまでにしておいて、このデス・スターが墜落した惑星はどこなのか。

そしてレイフィンダメ・ロンチューイら全員で向かう目的とは?

そんなの知りません。

しかし、不気味な雰囲気の惑星。

エンドアでもダゴバでもなさそうだ。

新しい惑星か。

出典:StarWars.com

もしもここが荒れ果てたエンドアなら、イウォークはどこに??
ついに出てくるか?
そもそも『ジェダイの帰還』で平和なラストを迎えたが、
エンドアにはまだ帝国軍がたくさんいるはずだ。
司令官たちを失ったからといって、
簡単に降伏するとは思えない。
ストームトルーパーの集団が、打ち上げをしているイウォークの群れに襲撃を懸ける。
全滅するイウォーク
あぁ見たくないそんなもの。
そして上からデス・スタースーパー・スター・デストロイヤーが墜落してきてめちゃくちゃな状況に。
タイ・ファイターで逃げるトルーパーたち
ファルコン号に詰めれるだけクマちゃんたちを詰めて逃げる反乱軍。
そして荒廃するエンドア

予告に出ないR2D2の行方

出典:englishlanguagethoughts.com

予告に一切出てこないR2D2
ここで私の胸をよぎったのは…破壊された!?
私の一番好きなキャラが。
きっとジャワ族に誘拐されて、
パルパティーンに売られて、
「わしのじゃ!わしのじゃ!」
ってかつての緑の古き友のように、
R2のことをボコボコ叩いて破壊してしまったかもしれない。
これだから隠居したおじいちゃんは困る。

出典:映画、海外ドラマ

そしてこのBB-8の横にいるD-Oとかいう新キャラに注目。

これはきっと、破壊されたR2からレイが人工知能を取り出して、

このロボットに移植したに違いない。

しかしR2が破壊されてはファンが黙ってはいない。

抗議ものだ。

だから本編の最後の方で、レイが元のR2を修理するんです。

C3POが、

レイ様、どうか私の部品を使ってください。」

って昔見たことあるような光景。

D-Oから再びR2の人工知能を取り出して元に戻すレイ

少し金ピカになった

う~~泣ける。

BB-8に可愛いキャラを奪われたR2

出番も少なくて不満が溜まっているはずだ。

しかしD-Oとかいうヘンテコなロボに変えられて、

ますます立場が小さくなり、

BB-8にバカにされるんですよ。

BB-8を追い回すD-O

速さでも勝てない。

しかし元のR2に戻ったことで、立場逆転。

一気に詰め寄り罵るR2

R2!お口が悪いですよBB-8に謝りなさい!」

と叱る3PO

落ち込んで、お得意のスネスネモードに入るR2

萌える。

だって3POの周りでR2BB-8がおいかけっこですよ。

うっひょ~~~~!

出典:slashfilm.com

どうでもいいけど、あのロボット、ピクサーのライトスタンドに似ている。

ディズニーによるスターウォーズの侵略化は止まらない。

いや、ピクサーは元を辿ればジョージ・ルーカス経由で出来たような会社だから、侵略ではなく共存か。

やはりD-OR2説は高いのではなかろうか。

なぜなら予告のデス・スター残骸に向かう時にC3POBB-8はわかるが、彼も一緒にいるからである。

よほど重要人物でなきゃあのメンツの中には入れない。

出典:Polygon

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました