【東京都】~『耳をすませば』聖地巡礼の旅~

東京~耳をすませば聖地巡礼の旅~
『耳をすませば
~聖地巡礼の旅~
2018年5月30日

スタジオジブリ作品『耳をすませば』(1995)のモデルになった街こと東京都多摩市は聖蹟桜ヶ丘

京王線聖蹟桜ヶ丘駅に到着。
電車が近づいてくる際のメロディーがなんとカントリーロード
改札を背に左手に出てすぐのところに散策マップがありました。

隣にある青春のポスト

歩き続けると途中に実際にファミリーマートがあります。

その先を行くとあの坂!

劇中で図書館のあったところには公園があった。

街並みが一望できる場所。
ここからは坂ばかり。
階段ばかり。
そして階段。
この階段をは毎朝下っていたのですね。
階段が急!
天守台に到着。

階段だらけ。

下る。

ロータリー方面に行きたいのですが迷います。

少し歩くとすぐにロータリーが見えてきました。

本当にあるんですね。
感激。
出典:如月竜也の戯言 – はてなブログ
ぐるぐる回りたくなります。
多摩中央警察署桜ヶ丘駐在所。
平和な街に事件など起きないでしょう。
桜ヶ丘いきいき元気センター。
『耳をすませば』に登場する天沢聖司の祖父のお店『地球屋』は実在しませんが、
その意志を継いだお店がこちらです。
『洋菓子ノア』
9時ごろに到着したためまだ開店前。
10時開店なのでまた後ほど訪れることに。
バス停。
名前がいいですよね。

近場で何でも揃います。

公園もあり、様々な施設が小さなロータリーを囲むように集結しています。
まるでミニチュアのような街。
ネコ!
仕込みのごとく現れた。
こんなに近くによっても微動だにしない。

カメラ目線頂きました。

目つきはムーン?
ムタ?のようにムスッとしている。
さよならニャンコ!
ギリギリまで見つめてくる愛くるしさ。

続いてロータリーから結構歩き、目指すは雫の家。

幼稚園前にいたキリン。

出ました坂!

階段の数は今までで最も多い。

ここを登りきればすぐ右に雫の家。

あのベンチ。

パワースポットとしておきましょう。

そろそろ時間がいい頃なので『洋菓子ノア』に向かいましょう。

開いてました。入店。

男爵バロン。

家に欲しい。
おいしそう。
見た目が可愛い。店員のおばあちゃんが渡してくれた『耳すま思い出ノート』
ここを訪れた方々が耳すまへの想いを記入している。
47冊目。
たくさん訪れているのですね。
スタンプラリーの用紙もいただきました。
あるのは知っていましたが、どこに置いてあるのかわからないままここに辿り着いてしまったので有難き親切心。
※スタンプ設置3か所にこの用紙が置いてありました。
耳すまクッキーを購入。
食べずに置いときたいけれど食べました。
程よい硬さで程よい甘さで美味しい。

最後の目的地は『金比羅神社』

ここは杉村が雫に告白した場所。
おみくじ。
今思うと神社で告白してフラれるって悲しいね、杉村

100円を入れたらウィ~ンと出てきました。

中々面白いことが書かれていました。

ファンは一度は行くべき聖蹟桜ヶ丘

大好きだーーーーーー!!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました