【シンガポール】~政府公認マーライオンを5頭見つける旅~ 3日目 PART1:トゥーマッチウォーキング・デッド

シンガポール~政府公認マーライオン5体見つける旅~
シンガポール
~政府公認マーライオン5体見つける旅~
2018年3月22日
3日目 Part1
トゥーマッチウォーキング・デッド
【ミッション内容】
シンガポールには政府公認のマーライオン5体いるらしい。
それら全てを見つけ出し、写真に収めるのが今回のミッション。
しかし非公認も存在するので十分な注意が必要だ。
我々はこの日41.2kmもの距離を歩くとは、この時点で思ってもいなかった。
ホテル最寄りのMRTカラン駅から次の駅のパヤレバ駅に。

出典:Google Map

本日最初の目的地はイーストコーストパーク
その前に朝マック

スクランブルエッグ・ベーコンバーガー

朝マック限定セットのブルーベリードリンク

$4.5(≒373円)

朝マックは落ち着くねぇ。

駅から歩いてイーストコーストパークに向かう。
例の流行りのボードは禁止。
なんだろうか。
でましたお得意の
ヨーロピアンな雰囲気。
怪しげなファットパパス。
ブラックパンサー。
公園にあるなんだか懐かしい感じのタコ。
どういうこと?
筋トレもできちゃいます。
イーストコーストパーク到着。
目標を『マリーンコーヴ』と呼ばれる公園内で一番の憩いの場に設定し、ここからウォーキング・ヘルが始まる。
いや、ここまでもかなり歩いた。
海?
ビーチだぁ!
飛行機も優雅に飛んでいる。
山下達郎の『GOOG LUCK!!』の主題歌を流してほしい。
シンガポールに住んだらここが安らぎの場になるに違いない。

落ち着きますね。
イェア!
とりあえずヤシの木を植えとけばリゾート感が出る。
そして僕らは歩き続ける。
こういった清掃ボランティアの方々がいるから綺麗に保たれるのですね。
感謝。
ポールは綺麗な国であります。
でました!流行りのやつ!
これがあればどれだけ楽なことか。
いつの間にか終点に。
途中の長い道のりは特に絵変わりはしなかった。
公園を出た。
はい、結局目標に定めた『マリーン・コーヴ』には辿り着けなかった。
どうやら我々は変なルートを通っていたみたいで、とっくに通り過ぎていたらしい。
とりあえずベドックモニュメントで記念撮影。
先ほどのところからさらに歩き、ベドック駅へ。
巨人のドシン。
身長3mファミリー。
上から眺める景色はよさそうですが、目は悪いんですね。
駅近マックでチャイティーソフトクリームを購入。
$1(≒83円)
安い!美味い!

続きましてリトルインディアへ。

インド的風景。
『Tekka Centre』
屋台や民芸品を取り扱うお店がたくさん入っているショッピングモール的なところ。
入ってみる。
屋台ゾーンに突入。
初期のモヤさまでシンガポールを訪れた際に、大江アナが乗っていたコインで動くクジャクを探すも無さ気。
モヤモヤ。
そしてここでのミッションはインドカリーを食べることだったが、やはり衛生面が気になるのと、時間が押していたために中止することに。
とりあえず休憩。
スタッフのおじちゃんがやたらとバボーバボーとオススメしてくれたバブル入りを注文。
バブルチャイティー $1.8(≒150円)
バボー入り過ぎでは?
タピオカとは違い、たしかにプチプチ弾ける食感はバボーであった。
リトル・インディア・アーケード。
ぱおーん。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました