【台湾】~インスタ映えの向こう側へ行く5日間縦断の旅~ 3日目 PART3 : 怒れる掃除のおばちゃん

台湾~インスタ映えの向こう側へ行く5日間縦断の旅~
台湾
インスタ映えの向こう側へ行く
5日間縦断の旅
2018年8月24日
3日目 Part3

怒れる掃除のおばちゃん
この旅は最南端から最北端まで台湾を縦断しながら、
インスタ映えの向こう側を目指した男の旅路である。
出た!
『いいねアース』でバイキング西村さんが飲もうとして慌てて地元民に止められてたやつ!
※生で飲むとお腹を壊すので沸騰させましょう。
彩虹眷村の観光を終え、タクシーで新烏日駅まで向かう。
ちなみにこの駅は先ほどまでいた高鐵台中駅(新幹線)と隣接した台鐵(鉄道)の駅でした。
名前が変わるのはややこしいですね。
しかしタクシーは中々止まってくれない。
15分くらい格闘しました。
何台も通るのに。
車の中からだと分かったのだけれど、雨で曇って単純に周りが見えにくいからでしょう。
小さく手を挙げても無駄。
こんな天気の時は大きくアピールが必要。

18時20分

そしてようやく止まってくれた。

台湾で初めて後部座席に座れました。

今まで助手席しか乗せてもらえなかったので窮屈でした。

車内では米津玄師が流れていた。

運転手は英語も日本語も通じないので、Google Mapを見せつけるしか方法はありません。

料金:230元(≒840円)

行きが195元だったので少しお高め。

悠遊カードが使えるタイプの最先端タクシー。

ちなみに台湾のタクシーはメーター制なので値段交渉は不必要。

台北台中市内の初乗り料金70元(≒256円)

高雄85元(≒310円)

200mごとに5元(≒18円)プラス。

駅近。
何か記念碑があり運転手さんが教えてくれました。

18時40分

新烏日駅に到着。

19時09分

台鐵で台中駅に向かう。

料金:15元(≒55円)

自動券売機でも買えるのですが、操作がよくわからないので窓口にて買いました。

19時25分

台中駅到着。

レンズも覗かず、設定も変えずに撮ってしまったためモヤが入っておりますが、こちらが台鐵台中駅
歩いて台中で一番有名なデパート『宮原眼科』
1927年建設の眼科だった建物をそのまま名前ごと使っちゃったっていう。
ハリーポッターに出てきそう。
1階は様々な伝統菓子を販売するお土産屋さん。
2階はレストラン。
日本語でスタッフが話しかけてくださり、日本語パンフレットをいただきました。
ありがとうございます。
1発で日本人と気付かれたのはこの旅初です。
人気のアイスクリーム屋さん。
さきほど前を通った時は並んでいましたが、
私が入る時には誰もいなかったのでスムーズ。
日本語のメニューもあります。
メニュー多すぎて迷いの末、パッションフルーツのなんとか」を注文。
しかし「それはないです」との返答が。
ないのかーい。
次に迷いに迷って「ハニーチーズ」を頼みました。
若干悩みすぎて早くしてよ的な空気に負けた感は否めません。
ハニーもチーズも好きなのでWフェイバリットに勝るものは無し。
料金:110元(≒402円)
無料でトッピングを一つ選べます。
ワッフルコーンを選択すると、“インスタ映えの入口”まで行くことができます。
カップも宮原印
宮原眼科に入る時に入口にあった傘カバーをかけて、出る時に外しちゃったら捨てるところもなく持ち歩いていました。
アイスを外で食べてたら手に持った傘カバーが足元に落っこちちゃったわけです。
雨で濡れた床だから風で飛んでくこともない。
アイス食べ終わってから拾おうと思っていました。
しかしタイミングが悪いことに、そこを通るは顔のイカつめな掃除のおばちゃん
“これはまずい!”と思ったその時だった。
案の定、その傘カバーを指差して中国語で詰め寄られました。

こら小僧!
足元に傘カバーを捨てるとは肝が据わっとるな小僧!
早く拾え小僧!
アイス食う前に拾え小僧!

こんなことを言われていたのでしょうか。

捨てたわけじゃないんだと言いたいものの、言葉も通じない圧倒的不利な状況。

素直に「ソーリー」して拾いました。

それにしても台湾は落ちているゴミが少ないですね(話を変える)。

『台中公園』
ここは公園マニアとしてはおすすめですね。
公園の前はこんな感じで幻想的。
公園内を散策。
ライトアップもされるんですね。
こちらも綺麗な橋ですこと。
渡る。
湖心亭。
もちろん閉まってます。
枝垂れ具合がいい。
神秘的な休憩所。
立派な羊?
公園を通り過ぎて歩く。
日本より百貨店が多い気がする。
『中友百貨』
入ってすぐ出ました。
もう上まで上がる体力がありません。
そうだ!
ここで一つ台中あるあるを言いたい。
クラクション鳴らし過ぎ!
ずーっとブーー!っていってやんの!
短気な人が多いのかな?
これは台中だけのあるあるでした。
交通量が台湾の中で一番多いのかもしれない。(※調べ無し)
途中の通りには『一中街夜市』があり、大変賑わっていた。
そして臭豆腐のオイニーも賑わっていた。

21時00分

ホテル到着。

出典:Google Map

『BOX DESIGN HOTEL』

宿泊費:310元(≒1,119円)

ホテルの前にある私の好きなものを詰め込んだ雑貨屋さん。
残念ながら本日営業終了。
この部屋には計12台のベッドがあった。
私が入った時には、すでにいくつかのベッドが埋まっていた。
どこのベッドが空いているのかを同部屋の青年に訊いた。
考えればわかるけれど、宿泊しているお客さんが全て把握しているわけはない。
彼が教えてくれたのはどれも2階建てベッドの2階のみだった。
しかし次の日まで下のベッドが空いていた。
2階だと移動が大変なので下が良かったなぁ。
もちろん変換アダプターはもってきていたのですが、ここで初めて知る事実。
私のものにはUSBケーブルしか差せないことを。
なので携帯とかモバイルバッテリーとかしか充電ができないのです。
一眼カメラは充電できません。
(※それから1年後に普通にコンセントも差せることが判明しました。使い方はしっかりと調べてから行きたいものです。この当時なぜ試さなかったのかもわかりません。)
夕食探し!
先ほどの夜市に行きたかった。
しかし意外と距離がある。
なんだろうか、この行ったら“もう戻ってこれない感”
それほど疲労が溜まっていた。
足はサンダルの靴擦れでボロボロ。
ゲーセンストリートをブラブラ。
スマートボール的な?
ぽこぽこ叩くやつ。
なにこれ。
ちゃんと7人いて安心。
今日の夕食はここ!
本日の夕食

ベーコン炒飯 55元(≒201円)
これならいくらでも食べられる。
意外と薄味。
今宵もゲーセンストリートは眠らない。
やはり意外と人がいる。
こんなに流行ってるんだからUFOキャッチャー以外も輸入したらいいのに。
スパイアニマル。
これ欲しい。
しかし10元玉がない。
両替。
手書きで「国外 ヴィンテージドールズ」と書かれているモヤりっぷり。
捕らわれた宇宙人を救出したいですね。
うん。あげない。
日本よりもガチャガチャの種類が豊富。
両替したものの、本当に必要なのだろうかと冷静になり踏みとどまった。
この子たちはいつまで待たされるのだろうか。
夜中に商品を補充するバイトの方。
でっかいバッグの中にぬいぐるみが大量に入っていたので、てっきり“大胆な犯行”かと思いました。
今日は長かった。
就寝。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました