【香港】~モヤモヤ奇界遺産探しの旅~ 1日目 PART5:現代の九龍城

香港~モヤモヤ奇界遺産探しの旅~

2018年12月11日(火)

香港
~モヤモヤ奇界遺産探しの旅~
1日目 Part5
現代の九龍城
旅の概要
香港には奇妙でモヤモヤした物が多く存在すると聞いていた。
それらを写真に収め、独自の“奇界遺産”に追加することを目的とする。
奇界遺産とは、写真家の佐藤健寿さんが制作した世界の奇妙な光景が載った写真集である。
20時53分
中環駅から太古駅へ。

出典:Google Map

交通費7.5HKD(≒113円)
B出口を出て左に進み徒歩約6分。
さっそくこちらが現代の九龍城こと『クォーリーベイ』と呼ばれる地区にあるマンション。
住居なので迷惑がかからないようフラッシュもたかずこの1枚だけ撮ってすぐその場を去ったのですが、迫力と圧が凄い!
2017年に公開された『トランスフォーマー/最後の騎士王』のロケ地ともなった場所。
マーク・ウォールバーグが走り回っていた場所。
といっても『トランスフォーマー』シリーズは初期3部作は大好きだが、
4作目は退屈さのあまり映画館で爆睡してしまった。
その後見返すこともなく5作目は触れてもいない。
帰国後にそのシーンだけ動画サイトで拝見。
ここから周辺を散歩。
歩いても歩いてもビル。
この街全体が高層ビル密集地帯
先ほどの九龍城から丘の方へ歩くと、そこは高級(かはわからない)住宅街があった。
夜に来てよかった。綺麗。
やっぱり香港はコルサント(スターウォーズに登場する惑星)だった。
この風景を見るだけでも来る価値がある。
駅まで戻っている最中に現れたポスター。
『バンブルビー』
香港ではアメリカと同じ時期に公開されるのね。
映画のポスターを見かけたのはこの作品だけだった。
やはり街全体で『トランスフォーマー』を盛り上げようとしているのかな。
ふたたび能年ちゃんの広告前で電車待ち。
もはやストーカー。いやあっちから現れるので知りません。

22時15分
太古駅到着。
ここから夜の香港ストリートを歩きつつホテルまで帰る。
『金魚街』『女人街』『ネイザンロード』を歩くもすべて同じような通り。
薬局と電気屋が異常に多い。
ここで2つ探し求めていたもの。
“SDカード”“ブルースリーグッズ”。
SDカード
日本で用意が間に合わなく、台湾旅で使用したものにまだ空き容量があったのでそれを使っていた。
しかしついに容量がなくなる寸前。
そこで探していたが…全くない!電気屋が多いのに!
ブルースリーグッズ
言うまでもなく香港の英雄。
そこら中にあるのだろうと思っていた。
しかしおもちゃ屋さんも雑貨屋さんもそういった部類のものが一切ない!
だめだこりゃ。
海外に行ったら必ず自分用にその国を訪れた証として、
何かしら記念になるものを買うのだが何もない!
こんなことだったら空港で買うべきだった。
海外行ったら必ず出くわしてきたファッションブランド。
『極度乾燥(しなさい)Superdry』
1985年設立のイギリスのアパレルマーカー「スパーグループ」が展開するブランド。
現在46ヶ国、515店舗を構え100各国以上に流通している。
日本に住んだことがある創業者のジュリアン・ダンカートンが、
アサヒビール『スーパードライ』から名付けた。
なぜ間違った日本語を使用したのかというと、
日本でよく見かけた間違った英語表記が印象的だったそう。
日本の広告は特に英語の本来の意味や使い方ではなく、日本人向けに言いやすさ、
勝手なイメージをキャッチフレーズにしているマーケティング戦略を面白く思ったという。
そこで間違っているからこそより注目され、心に残り話題になると考えた。
実際にデザイナーがグーグル翻訳にかけた日本語をそのまま使用している。
(引用:https://f-magazine.com/archives/6988)
オーマイガー!サンタイズホット!
オーストラリアのサンタこんな感じですね。
結局何も買わずにチョンキンマンション周辺へ戻ってきた。
SDカードだけでも欲しかったので調査続行。
そして外のガラスケースにカメラが飾ってある電気屋があった。
店員が出てきた。
NJ
NJ

SDカードありますか?

ありますよ

機種を聞かれたので伝えると、このSDカード使えるよと指をさした。

気付けば私のカメラは彼の手元にあった。

16GBのパックを勝手に開け、私のカメラに入れ私を撮ってきた。

まだ買うとは言っていない。

NJ
NJ

いくらですか?

400HKD(正直この値段は高すぎてはっきり覚えていないので大体)

NJ
NJ

いや高すぎます。(6,000円って!)アホナノカ。そんなにお金持ってません。

実際に今持っているのは80HKD(≒1200円)分のお札といくらかの小銭のみ。

いやいやもうあけちゃったよ!君が買うって言ったからあけたのに!これはどうするんだ?

NJ
NJ

いやいやいや言ってないし、あなたが勝手に開けたんでしょ!

それは困る。カードは持ってないのかい?

もちろんもっていたが、こんな信用できないやつに渡したら、

さらに高い額を騙して引き落とされそうなので嘘をつく。

NJ
NJ

持ってません

じゃあ安くしてあげるから

覚えていないがその額も払うことができない。

財布の中身をみせる。

その男は引き出しから容量の少ないSDカードを探し出し、

再び私のカメラにそれを入れた。

動作の確認をすると、その80HKD(≒1,200円)でいいからと言われた。

警察沙汰になっても困るし、もう早くこの場から去りたいので80HKDを渡しホテルへ帰る。

この後の旅でそのSDカードを使うことになったのだが、あっという間に容量がなくなった。

腹立たしいが1,200円で丸く収まったならいいかと前向きに考える。

ホテルに戻りシャワーを浴びる。

お湯が出ない。ガスの電源を押しても出ない。

冷水のまま髪を洗う。身体はさすがに洗えない。風邪をひく。

髪がシャバシャバになり浴室を出ると扉に張り紙が貼ってあった。

“配管工事のためお湯は出ません”

事前にわかっているんだから伝えておけ~~~。

チェックイン時にも言わない。

それでこの宿泊代金は高すぎる。

全くうんちょこちょこちょこぴーです。

しかしシャワーを浴びれるだけ感謝したいものです。

1時30分

就寝。

次回予告:ついにブルースリーと対面、からのマカオ突入

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました