【韓国・済州島】~自然の宝庫で原点回帰の旅~ 3日目Part1:世界遺産から朝日を見よう

韓国・済州島~自然の宝庫で原点回帰の旅~

2019年12月9日(月)

韓国済州島
~自然の宝庫で原点回帰の旅~
3日目Part1
世界遺産から朝日を見よう

出典:Google Map

「東洋のハワイ」と呼ばれる韓国最南端の島、済州島
面積は約1.848㎢、人口約55万人。
15世紀に朝鮮王朝に合併されるまで独立国であったため、
朝鮮半島とは異なる独自の文化をもつ島である。
2007年「済州火山島と溶岩洞窟」として世界自然遺産に登録されている、
自然の宝庫であるこの島での今回の旅のテーマは《原点回帰》
とにかく低予算に抑えることで、来たるべきインド1人旅に向けての練習も兼ねている。
そして文明社会と距離を置き、自然に身を任せることも目的の一つ。
滞在期間は3日間
そこで旅の10か条を制定した。
旅の10か条
①滞在中は自然食のみ。
(※自然食の定義は自己判断)
ただし肉は禁止。
初日にルール改正:そんなに気にしない事。
②“Best of The KIMUCHI”を見つけること。
③海、洞窟の5大自然を制覇すること。
洞窟失敗
⇒岩クリア
山クリア
失敗
④観光地以外にも行くこと。
⑤あまちゃんと一緒に写真撮影をすること。
クリア
⑥カジノで大きく負ける前に軽く勝て。
⑦飲み比べマッコリコリコリのコーナー。
お口に合わないため初日に打ち切り
⑧トルハルバンベスト11を指揮せよ。
⑨スイス村で韓国とスイスの国境を探せ。
クリア
⑩滞在費は9,000円以内に抑えよ。
(※食費は1日1,000円以内)
1ウォン≒0.094円
5時30分
目覚ましが鳴る。
この日、最終日は、『城山日出峰』で朝日を見るという旅のハイライト。
日の出は7時30分ごろ。
それまでには頂上に行かなければならない。
そのため5時30分に起き、6時過ぎにはチェックアウトする予定。
そんな私は気付くと目覚ましを止めていた。
そして眠りについた。
7時00分
おはようございます。
こんなにも目覚めがいい朝は久々だ。
窓を眺めると、すっかり日が出ていた。
眠りの中で朝日を感じられたので、まぁいいや。
友人も目覚ましに反応していたようだが、私が起きていなかったので、まぁいっかと再び寝たそう。
朝は眠いよね。
寝たの1時ごろですからね。ウフン。
ホテルを出発してバス停まで歩いていると、岩と岩の間をずっと覗いている今日のワンコが。
ネズミでもいるのかしら。
7時40分
201バス乗車。
すぐにそびえ立つ山が見えてきた。
バスを降り、歩いて山の方へ向かう。
あらま~これが世界遺産『城山日出峰(イルチュルボン)』なのね。
ここがやはり一番行きたかったんだなぁ。
朝日なんてもう別にいいよね~。
どうもどうも国民的アイドル“ずる剥け5”です~。
場所的にこちらの方々が済州島で一番見られてるだろうからね。
縁起がいいです。
トルハルバン大好きです。
愛着が湧いております。
上に進むとチケットカウンターが。
入場料:5,000ウォン(≒470円)
事前調べでは2,000ウォンだったのに…値上がりなのかしら。
チケット購入後、現金残高はあと5,000ウォンしか残ってませんでしたイヤーン。
この時点で次の目的地の入場料が払えないので、そこでは友人にまとめて払ってもらうことに。
空港で換金して返します。
結構急な坂を一気に上る。
頂上までは約30分だそう。
中間地点ですが眺めはすでに良き。
風車が見えますね。
あのうっすら陰になって見える巨大な山が、どうやら済州島最高峰ハルラサン
昨日、登って夕日を見ようと計画していた山であります。
シンガポール最高峰の山を登った我々としても、この山を制覇したかったですねぇ。
さらに上がる。
パワースポット。
このすぐ上が頂上。
かなり疲れたので1分休憩。
普段運動してないからツラいぜよ。
ここは天国かい。
朝日を見に行かなくてよかった。
この時間でよかったのだ。
これまでの荒々しい旅路が報われた瞬間であった。
美しい。
神秘的光景。
ここをまっすぐ行けば五島列島かな。
頂上には男女1組と女性2人しかいませんでした。
そのうち1人の女性は一所懸命写真撮影をしていましたとさ。
世界的にも、ここはマストで訪れた方がいい自然風景でしょう。
ん?
誰だい、あそこで段ボールをお尻に敷いて滑ったのは。
先生、そんなことしていいって言ってませんよ!
そこに降りてみたいけれど、残念ながら禁止されてるのよね。
人間ってどこでも文明を築けるのですね。
自然と一体化。
15分ほど滞在して巻きで下山。
海も透き通った青色で綺麗。
次回予告:済州島No.1モヤモヤスポット。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました