【マカオ】~世界遺産30ヵ所を1日徒歩で完全制覇の旅~ Part1:カジノ王が創った珍スポット、フィッシャーマンズ・ワーフ

マカオ~世界遺産30ヵ所を1日徒歩で完全制覇の旅~

2018年12月12日(水)

マカオ
~世界遺産30ヵ所を1日徒歩で完全制覇の旅~
Part1
カジノ王が創った珍スポット、フィッシャーマンズ・ワーフ
旅の概要
マカオは現在30ヵ所の世界遺産が存在する。
小さな面積のため、1日で全てを周ることができるらしい。
そこで、移動は徒歩のみで全制覇しようではないかというのが今回の旅の目的。
【世界遺産30ヵ所】
ギア要塞

カモンエス広場
カーサ庭園
プロテスタント墓地
聖アントニオ教会
聖ポール天主堂跡
ナーチャ廟
旧城壁
モンテの砦
イエズス会記念広場
盧家屋敷
カテドラル
カテドラル(大堂)広場
聖ドミニコ教会
聖ドミニコ広場
仁慈堂
三街會館(關帝廟)
セナド広場
バラ広場
媽閣廟
港務局
鄭家屋敷
リラウ広場
聖ローレンス教会
聖ヨセフ修道院及び聖堂
ドン・ペドロ5世劇場
聖オーガスティン教会
聖オーガスティン広場
ロバート・ホー・トン図書館
市政署
フィッシャーマンズ・ワーフとは。
マカオのカジノ王ことスタンレー・ホーが20億香港ドルを出資して建設。
面積13万3,000㎡のマカオ初のテーマパーク
敷地内にホテル、レストラン、ショップなどがある。
入場料は無料。
以前まであった『火山』『唐城』などがなくなっているらしく、現在は廃れている模様なので確認しにいってみる。

出典:TripAdvisor

出典:Justgola

8時40分
マカオ到着。

出典:Google Map

寒すぎる。
出国審査を済ませていざ入国。
フェリーターミナルは結構広かった。
なんかマッドマックス感ある車があったのでパシャリ。
イモーターン!!
さっそく世界遺産巡りといきたいところだが、
面白スポットとして有名な『フィッシャーマンズワーフ』に向かうことに。

出典:Google Map

フェリーターミナルで訊いた道を歩む。
徒歩で15分ほどらしい。
Google Mapの動きが悪く、詳細が見えない。
途中で気付いた。
Google Mapではこっち側にサンシャインワーフがあるが、道を教えてくれた人の方向とは逆に進んでいるではないか。
あらウッカリ。
地元の人よりも文明を信用してしまった。
恥ずべき行為。
時間の無駄となってしまった。
同じ道を早足で逆に進む。
道を曲がり道路沿いに歩く。
中国マカオの国旗。
密接。
驚いたことに信号が全くない。
渡ろうとすれば車が止まってくれるが、その勇気を持たねばいつまでも渡れないので一歩を踏み出す勇気をもちましょう。
これから巡っていく都市部には信号がしっかりあったのだが、
海沿いのところは無法地帯
エスカレーターを上ると見えてきた。
なんじゃこりゃあ。
真っ金金!
手前がカジノ兼ホテル。
奥はカジノ。
でっけえ。
9時45分
そしていよいよ『フィッシャーマンズ・ワーフ』の入口へ。
その先を進むとなんか雰囲気変わってきた。
エジプシャン。
気分はインディアナ・ジョーンズ。
どうやら私は古代ローマ帝国に迷い込んだようだ。
出ました。突然のコロッセウム。綺麗。庭に欲しいサイズ感。
中にも入れます。
特に何の看板もなかったけれど、ショートかやらないのかね。
隣はギリシャのような白い建物。
全体的に閉鎖ムードが漂っている。
雰囲気台無し。しかし面白い写真が撮れるスポットでもある。
クリスマスツリーをここに飾る指示をしたのは誰なのか。
以上『フィッシャーマンズ・ワーフ』でした。
なんともモヤモヤしており、コンセプトは何なのか、何の目的で作ったのか。
リッチな方が自己満で作ったように思える場所でした。
隣にある真っ金金のカジノ。
いよいよここから世界遺産巡りスタート。
次回予告:ドラクエ現象勃発!見えてはいる、しかし辿り着けない。山上のギア要塞。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました